シロアリを駆除する作業者

色々な場所にいる

ねずみを退治する

都会ではたまにしかねずみを見ません

場所が都会で普通に暮らしているだけでは、ねずみの被害にあうなんて事はほとんどありません。でも、繁華街とか雑居ビルなどでは都会だろうとねずみの被害はあるようです。実際、たまに側溝からドブネズミが顔を出すのみ見かけることもありますし。私は田舎暮らしをしたことが無いので、ねずみにはとんと縁がありません。しかし、やっぱり場所によってはねずみは現代でも問題になる立派な害獣のようですね。こちらではねずみの被害にあったら、まずねずみ駆除を業者に頼むのが普通だと言えます。けれど、昔からねずみが出る地方だと、罠で捕らえた後バケツなどで溺れさせて始末するとか聞きます。わざわざ業者にねずみ駆除を頼むまでも無いようです。まあ業者に頼むと一万円ぐらいかかりますし当然かも知れません。

私のもってるねずみ駆除の知識

ねずみ駆除と言えば殺鼠剤を思いつきますが、否定的な情報と一緒にです。たしか、殺鼠剤が効かないスーパーラットというのがいたはずです。と思ってちょっと調べたら、今はスーパーラットバスターなんて薬まで登場しているみたいです。これはまさにイタチごっこなのかも知れませんが、この薬が効く間はねずみ対人間は人間側が一歩リードしていることになります。そして次に思い付くのはねずみ駆除といえばこれとも言える、ねずみ取りです。流石にこれが今でも王道なのだと思います。先に書いたバケツで始末する際にも、まずは、ねずみ取りで捕らえてからでしょうし。実のところ、私はねずみみたいな動物はちょっと苦手なのです。こういったねずみ駆除の知識が役に立つ日が来ないことを願います。