シロアリを駆除する作業者

業者などに依頼

家の中をチェックする

ハクビシンは人の作物などを食い荒らし被害を与えます。そのため、見つけたら駆除する必要があります。駆除を自分で行うことが出来ますが、自分でするのは大変なので業者や市役所に依頼をしましょう。

Read more

ネズミを退治

アライグマを捕獲する

家には沢山の害虫がいます。ゴキブリやシロアリなど様々です。最近特に人に対して被害を与えるのがネズミです。ネズミは住宅を傷つけるだけでなく、おしっこなどで病原菌を撒き散らします。

Read more

住人に被害を与える

古い木と小石

選ばれる理由があります。ハクビシンの対策をするなら適正価格で高品質サービスのコチラにお任せください。365日全国対応しています。

ハクビシンは住居を荒らすネコ科の動物です

ハクビシンという動物をご存知ですか。おでこから鼻筋に掛けて白い線が付いているネコ科の動物です。ペットとしての猫と違い、夜行性で気性が荒いために住宅を荒らす動物として認知されてきています。ハクビシンは人間が食するような食材が好みで、生ゴミを漁ったり果樹園にも被害が出ています。運動能力に長けているため、木の上の方にある果物もなんなく採ることができ、果樹園農家は対策に困っているのが現状です。屋外の幅広い範囲でハクビシン被害の対策を練るのは大変ですが、住居に侵入させないために対策をしておきましょう。一度室内に侵入すると、日中は屋根裏や床下に潜みます。捕獲器の設置場所を考え、ハクビシンが嫌う臭いを発する薬剤を散布しておきましょう。

住人の健康被害が出ることがあります

ハクビシンは住居のちょっとした隙間から侵入してきます。一通り家の周囲を確認し、侵入できそうな隙間にはネットを張ることをお勧めします。また、勝手口に生ごみを置いておくと荒らされる原因ともなるので、極力人の手でしか開けられない収納へ交換するのも手でしょう。それでも住居に侵入してきたときには、駆除の依頼をしましょう。鳥獣保護法により勝手に個人で駆除を行う事が出来ないので、保健所に認可を受けた害虫等の駆除業者へ依頼するとよいでしょう。ハクビシンが侵入すると、夜間の物音でけでなく、独特の異臭がします。また、ノミやダニが大量発生したときにはハクビシンが住みついていることがあります。ほっておくと、住居に住む人間の健康被害が出る場合があります。快適な暮らしを維持するためにも、早期の対策が必要です。

色々な場所にいる

ねずみを退治する

ネズミは住宅に侵入をしてきますが、色々な場所に顔を出します。都会でも繁華街や雑居ビルなどにいます。ネズミは人に被害を与えるので見つけたらすぐに駆除をする必要があります。

Read more

オススメリンク